Silkworm

シルクに物語がある ように、シルクの繭にも 物語がある。蚕の幼虫が 孵化したときは、茶色や 黒の毛の繭のような感じ がする。時間が経つに連 れて、毛が抜け、柔らか い皮の形になる。 一本の針の頭ほど小さい この幼虫が、 6 週間 の命の中で、 5 齢の 成長を体験する。1齢は 7- 8日 間ほどの期間で、その後 1-2 日間 眠る。幼虫は一生に 4 回眠 る。起きたときに幼虫は桑 の葉を食べる。 虫が起きたら、口から絹の 繊維を出すようになる。一 匹の芋虫一生分、力の限り 神業のように、およそ 1500 メー トル程度の繊維を出す

繭に巻き込んでいる繊 維を適当にとったら、布に するにするためにはまだ色 々な工程が残っている。繭 の中の虫が太陽に当るよう に干すか、ボイラーに暖め ながら柔らかくしたら、磨 きを使用して糸口出しをす る。糸口を出したら、特別 な機械により、シルクの糸 を作る。現在、人工のシル クも流行っているが、自然 の糸とは比較できないくら いである。
 
 
Check your own Carpet !

© herekesilkcarpet