Story of silk

歴史とは人間だけを書くも のではなく、虫についても 書かれることがある。

この 文章はあなたを驚かせるか もしれないが、人間のある 時期を書いたものではなく 、シルクの繭について書か れたものである。

人間の歴 史はすなわちシルクの繭に ついて書かれたものでもあ る。なぜならば、繭によっ て作られたシルクロードは 、国々を、境のことをある いは引越しのことにも影響 を与えたこともあるのだ。

シルクの繭の発見は、紀元前 2600 年に おいて黄帝の后、西陵氏( シ・リング・シ)によって である。

貴時宮殿の庭にあ る桑の葉を食べている虫の 調査が后に任せられた。

 

長 い間かかったこの調査に よ って、シルクの繊維がこ の 虫によって作られること が 発見され、絹の生産が、 中 国の一番重要な商業品と な る。シルクの繭が神聖に な り、后もシルクの繭の神 と なった。

蚕の商業は、何百年間もの 間中国の機密の美術として 内密に残る。絹によって作 られた衣服やじゅうたんな どはその肌触りと豪華さに より、近隣諸国の王様への 贈り物となった。

 

このように貴重とされてい た生産方法が国外に出され ないように死刑にも罰され る法則もあったと言われる 。

しかし、中国のこの芸術 を世界に広げたのは、トル コ人とも言われている。

ト ルキスタンのホタン県の王 子と結婚する準備をしてい た中国の皇女が、結婚相手 に結有一的なお土産したが っていた。

   
       
 

シルクの蚕を髪 の毛の中に隠してホタンに 持っていく。この物語が真 実かどうかは別の話である が、また他の話もある。

そ れらの一つに、ビザンティ ン帝国ユスティニアヌス帝 時代に、555 年に、トルキスタンに送ら れた二人の司教によってこ の芸術が学習され、かばん の中に隠した蚕をアナトリ アに持ち込んだというもの がある。

どれが正しくて も、広く承諾されている のは、アナトリアもシル クの繭の原産地の一つで あるということだ

 

 

 
 

 

 
       
       
Check your own Carpet !

© herekesilkcarpet